短期間で回復する

目

代表的な視力回復の治療

視力回復する治療といえば、やはりレーシック手術でしょう。芸能人でもこの手術を受けている人が多くて、メディアなどでも耳にすることが多いです。どんな手術なのかといえば、フラップという角膜の表面にふたをするものを作成し、それを被せた状態で特殊なレーザーを照射します。そうすることで、目の屈折異常を回復させることができるので、視力回復を期待できるのです。最近では、術式によってフラップを作成する機器の違いや有無、レーザーを使用するかどうかなどが異なる手術法もあります。そして、何よりレーシック手術は短期間で視力回復を望めます。また、手術時間も15分ほどですから全く時間はかかりません。ですから、早く視力回復したい人にはおすすめの方法になります。

条件がある

レーシック手術は、短期間で視力回復できるという注目の治療になります。しかし、手術を行なう前にレーシック手術を受けられるかどうかの適応検査を受けないといけません。適応検査の結果によっては、手術を受けられないことがあります。他にも、角膜が通常の人よりも薄い、強度の近視や乱視など、角膜形状不正などの人はレーシック手術を受けることはできません。また、眼科によっては年齢制限を設けているところもありますし、レーシック手術を受けることで就けない職業もあります。このようなポイントを押さえたうえで、レーシック手術で視力回復を期待するか決めるようにしましょう。